久喜みんなのいえがオープンします。

「みんなのいえ」が久喜市上内でオープンします。

「みんなのいえ」とは

地域で、子供達の成長を見守る環境を作り、地域コミュニティを形成し、人とのつながりを大切に思う心を作ってもらいたい、
そして、子供達が、この地域コミュニティを通じて様々な体験を得て、将来への希望や夢を作っていただきたいと思い、「みんなのいえ」を2017年6月17日にオープンすることになりました。

毎週金曜日に開催します。(変更がある場合はブログ等でお知らせします)

旧鷲宮第二保育園が「みんなのいえ」に変わります。

今は、スタッフが増改築、掃除等をしています。

 

「みんなのいえ」ではこんなことをしています。

あたたかいご飯を食べれます!

あたたかいご飯をお友達や、ボランティアのお兄さん、お姉さんと一緒に食べます。

みんなと食べるご飯は美味しいですよね!

「みんなのいえ」で使う食材の一部は、地域の農家さんや企業さんに提供してもらっています。栄養バランスのとれた献立を作ります。

 

お兄さん、お姉さんと一緒に遊べます!

昔からある遊びや、体を動かしたり、ゲーム以外のことで一緒に楽しく遊日ます。

 

お兄さん、お姉さんから勉強を学べます!

青年会議所のメンバー、大学生のお兄さん・お姉さんたちが、学校の勉強や宿題を楽しく教えます。

 

お仕事の面白さを体験できます!

不定期開催ですが、職業体験を中心に、様々なイベントを開催します。

 

 

「久喜みんなのいえがオープンします。」への2件のフィードバック

  1. JCの皆様が地域を思いこの事業を始められることに心から賛同し敬意を表します。子供は地域の未来を担う宝物です。
    子供は誰もが自分の親の背中を見ながら、街の風に包まれて成長します。家庭・学校でもない子供のもう一つの安心の居場所を作っていただきました。子供たちも時には一人で思い悩むことがあります。
    お勉強の遅れ、ボッチの食事、ボッチの夕方、ボッチの日曜日、

    そんな子供たちを含めどんな子も受け入れてください。

    優しい地域の皆様とふれあう子供の居場所をJCの皆様に開設していただき嬉しいです。
    できることは何でも応援したいと思います。

    継続して地域に根差した活動になりますようにお祈り申し上げます。

    1. 竹下様
      コメント誠にありがとうございます。
      地域の子どもが笑顔になれる、そんな担いをできればと思っております。今後共どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です